μネ申のblog

何か書きたいことあったら書いていくブログ。 普段はマストドン(mstdn.jp)にいます。 https://mstdn.jp/@vvvvvv1vvvvv

月1ペースで更新しようとしたらもう10月も終わろうとしてました。
免許証の暗証番号のことでも書こうかと思いましたけど、
こっちが気になったのでなんとなく。

18歳まで引き出しできないジュニアNISA口座で、
日経平均ダブルインバース※ が買われてて日本オワタ〜なんて話題になってますが、
個人的には別にいいんじゃないのかと思ってます。

※日経平均の変動率にマイナス2倍の値動きに連動するものです
例 日経平均が1%上昇(下落)すれば、このETFは2%下落(上昇)

もちろん長期保有で持つならおすすめしませんが。
(計算するほどずれる、完全連動しない、信託報酬あるため)
要は短期的に株価が下落すると思って、買ってるなら問題ないのかと。
他に保有しておきたいも銘柄のヘッジにも一応なるはずですし。
世間ではダブルインバースに注目されがちですが、ちゃっかり6位にベア2倍のETFも・・・・
ベア2倍はダブルインバースの逆で、プラス2倍の変動です。
また、タバコを販売してるJTが3位(表面上は高配当ではあるんですが)
個人的にはこちらも気になります。
環境・カラダに良いものではない上に、
年々人権を失ってるタバコ産業に投資って子供のこと考えてるの?ってところw
むしろこういう銘柄のほうが長期で買われるのが心配かと。
01645da0.png


98ee193e.png


では一般NISA口座ではどうかみてみると
こちらもやはり、ダブルインバースが1位、ベア2倍が7位

ddfa7e77.png

45de3ba8.png

こうやって比較してみると
子供のための積立を〜なんて謳ってますが、
結局のところ小金持ちが非課税枠使いたいだけなんじゃないかという印象ですね。
もっと長期的にみるとまた違ってくるのかな?


ちなみに9月から10月(本日分)の日経平均(始値ベース)の推移
約2,000円の上昇
結果論ではありますが、話題の通りに長期で保有してるならそれなりに痛い目にあうことに。
図1.png

自分は短期の目的でダブルインバースを保有してると信じてますが、
もし、もし、もし、長期で保有してるのであれば、
義務教育でお金の勉強させたほうが良いって意見にも納得です。(金融商品に関しては逆張り志向が強い日本人なので)

今日はここまで

IMG_1312.JPG

IMG_1313.JPG

えぇ、今年も向かいました。
結論からいうと去年みたいに靴下はもらえませんでしたが、
ついにsmach zで遊ぶことができました。
ここまで3年近く経ってるなんて・・・
ブースについては入り口のところに1台
中にはいると試遊できる端末が5,6台ほどありました。
入り口のところの端末はwin10を触ることができ、
一応OS操作用のドライバもある程度は完成してるのかなという印象でした。

試遊に関してはどのゲームで遊びますか?と尋ねられ、
一番重そうなゲームだったMHWで遊ぶことに。
どうも端末ごとに入ってるゲームが異なってる様子でした。

てか、日本人スタッフ(単なる通訳係)がいてびっくりしましたw
去年は日本語ちょっとできる中国人スタッフだったので・・・

で、肝心の本体とご対面
IMG_1314.JPG
IMG_1315.JPG

IMG_1316.JPG

去年はモックだったので、細かいところもちゃんと仕上がってきてる感じでした。
ただ、大手メーカーのモノと比べるとまだまだ荒いのかな?と思ったり
また、本体下側にケーブルついてましたが、単なる充電用途で間違いなさそうでした。

15分ほど触りましたが、特に不満はありませんでした。(動画撮影したものも、顔面反射してたのでボツに)

・スペックについて
1、SoCがryzenのためか、不満はありません。
2、焦って触るとコントローラーの挙動が若干アレな場面も(このあたりは切り替えがまだ未完成とのこと)
  特に本体左側のパッド部分が触った以上に動いたりしてました。
 3、ディスプレイの発色・バックライトはいまいちというかあまり期待しちゃいけないかと。

・発熱について
 仕様変更でファンが搭載されることになりましたが、これは大正解だと思います。
 小型端末といえば、GPDシリーズがありますが、あれらより熱くないかと。
 (これについてはファンのサイズが異なってるってのもありますけど)
 割と負荷のかかってるMHWで遊んでもじんわり熱を感じる程度でしたので、スマホよりマシってなりました。


肝心の出荷時期については
年内ではなく、来年の1〜3月とのこと
去年のときは年内には〜って話だったので参考程度に思っておきます。
試遊機の状態から察するに、ドライバの完成度(ひょっとしたらボタンのセンサの可能性も)および大量生産の問題が
あるのかなと思われます。
この際、ガワの精度はあんまり期待しちゃいけないかと・・・

とはいえ、
一番最初のプロジェクト発表時から3年近くかけてようやく完成品に近いものが出てきて、
手元でさわれたので、そこだけで大分嬉しいです。
また、しばらく記憶の片隅に置いておきます。
来年のTGSには完成品の状態で出展してることを祈ってます。

続、そして終。 非、そして反。
7e6cccdc.jpg


7/6に冒頭の10分公開されてからそれ以降も予告編をチラチラ見せ始めたシン・エヴァ
これがおそらく最終章。
その前のQが2012年の11月公開だったので、すでに7年近く経過しています。
Qが公開されたときからシン・エヴァの考察は腐るほどあったので、n番煎じなんだろうw
たまたま8/9に公開されたこれみて


7/6のだとか前作さかのぼったりしてました。
なので、今回個人的に思ったこと書きます。

中でも気になったのは劇場版3作品についてたサブタイトルです。

・序 you are (not) alone 
・破 you can (not) advance 
・Q you can (not) redo

そして、冒頭にもかいた「続、そして終。 非、そして反。」
非、そして反ということは、
恐らく、「違うよ、反対だよ」という意味でしょう。
今までのサブタイトルを読み替えることになるんでしょうか。
発音はしませんが、タイトルの最後には「:||」楽譜で反復を表す記号らしいです。

そうなると
・序 you are not alone 
・破 you can not advance 
・Q  you can not redo

中でもyou can not advanceということは、恐らく◯◯インパクトによる人類補完計画では何も意味を成さないということでしょう。
起こしても世界の根幹はループするだけ(言うなれば 旧劇→新劇かと)

カヲルくんはQにおいて、世界の修復ができると
言ってましたが、やり直しはできない
恐らくあのやり方はダメということなんでしょう。

恐らくフォース・インパクトを止めるということになると予想。
実際、予告編ではガフの扉あいてる感じしましたし。

あと、予告編にはカヲルくんでてましたが、これは恐らく
fc3cebe0.png

この青で囲ったうちのひとつが出てきたんだと思われます。
彼は記憶を引き続くことができるので、その点も問題ないはず。(破でそのようなセリフをいってるので)

ちなみに、左4つは序を見てもらえばわかりますが、セカンド・インパクトを起こしたものだと思われます。(よくある考察)
それにQで死ぬ際にも、また会えるよと言ってたので。

気になることばかりですが、
実際公開されてみないとどうなるかわからないので待つしかない・・・・
ちゃんと終わるのかも怪しいしw

↑このページのトップヘ