μネ申のblog

何か書きたいことあったら書いていくブログ。 普段はマストドン(mstdn.jp)にいます。 https://mstdn.jp/@vvvvvv1vvvvv

2018年03月

無事に引っ越しを終えて落ち着いたので久々の更新。
反省点としては

・モニタースタンドを捨てるな!
・モニター、PCの箱をとって置けるならとっておけ!
・引っ越し先にものを届けるときは早めに頼んでおくこと!

この3点に尽きるといっていいかなと。
まず、自分は普段モニターアームを利用するため、
モニターを購入したときからモニタースタンドの存在を気にせずに、箱ごと捨ててます。
いざ引っ越しになった際、
PCやモニター自体の梱包は引っ越し業者の方でやってくれるのですが、(本当にありがたい)
業者によるのでしょうが、箱にいれるのではなくプチプチ等にくるむ程度です。
そのため、モニタースタンドがあったほうが運ばれていく際に安心できるわけです。
当然ながら、モニタースタンドがない自分はこのような様に

aaae181ab8abb352

結果的には破損はなかったのですが、なかなかヒヤヒヤするかなと
スタンドあってもモニターは割れやすいものなので

なので今後モニターを新たに購入するときは、
引越しのことを考えて箱とモニタースタンドを取っておこう、
と肝に銘じました。
最低でもモニタースタンドのほうは残す!
PCのほうに関しても、ゲーミングデスクトップPCといわれるサイズ(ミドルタワー以上)は
箱を取っておいたほうがよいかと。

3つ目に関しては。
布団を新調しようと考え、前々よりネットで注文することは考えてました。
2日程度で届くと思い、入居する2日前に注文。
年度末ということで
結果的に2日布団なしで寝ることに
体イテテ・・・・・・

とまぁ、自分の頭の中で考えたようにうまくいくことはなかった引っ越しでした。
次は失敗しないようにしたいです。

先日node.jsで動くマストドンクライアントが登場しました。
個人的に気に入ったので記事にしてみました。
開発者のうるみーっ!さんには本当に感謝です。


hs-sh-net/mastodon-client
とりあえずmacbookにインストール。
55
画像の表示いらないのであれば、なかなかよさそうな。
*見た目に関してはその人のターミナルのテーマ設定によるものです。
画像が表示されないかつ、ターミナルでやるものなので、ぱっと見だと
なにか作業でもしてるのかなって思われたりするのでは?
エッチな画像が多いマストドンを
職場や学校、公共の場所なんかするのによさそうな。(スタバでドヤれそう)
で軽く触ってるなかで思ったことが、
通信規制されてる状況や回線速度が遅い状態でもマストドンやれるのでは?と。
というのも、普段外ではmineo回線を利用してます。
基本不満はないのですが、
やはり昼時12時くらいから1時間程度どうしても遅くなっちゃいますね。
これはMVNOの宿命。
その様な状態だとマストドンを見る際、
画像の読み込みがなかなかされないです。(アイコンも)
これは通信規制された際も同様のはずです。
自分はその様なときは画像を開くことはしません。
あとは遅い状況でパケット無駄に使うのももったいないなぁとおもったり。

そこで、mineo(aプラン)で通信規制された状態でマストドンは可能か、を試してみました。


1、適当なVPSを用意 

自宅にクライアントを動かす適当な環境がなかったので今回はVPSを利用しました。
今回はvulterの最安プランで用意。
サーバーのリージョンはアメリカのマイアミです。

Screenshot_108
vulterは従量課金制なのでこういうお試しとかにおすすめです。
また、クレジットをチャージして使うことができるので、
チャージした額以上は引き落とされることはありません。


2、mineoの通信速度をわざと通信規制の状態に

speedtestの結果
通信規制にかかったことないのでアレですが、この数値なら昼時のほうが断然マシですw

IMG_0752


3、クライアントの準備

このあたりのことは詳しくないので参考にしたリンクを張っていきます。

・node.jsで動くのやつなのでnode.jsのインストール

UbuntuにNode.jsをインストールするベストプラクティス - かまって☆しんどろ~む
・クライアントをgithubからダウンロードするために、鍵を生成し、公開鍵をgithubに登録する
   githubを利用したことある人ならやらなくていい作業のはずです。

リンクカードにしたかったけど、表示が汚いので


あとはクライアントに書いてあるinstallationの通りです。
もちろんですが、スマホ側にお好きなSSHクライアントいれてください。
自分はTermiusを使用しました。
ではやってみました。





動画ではまずホームタイムラインの表示、そのあと連合タイムラインの変更
最後にトゥートをしました。

このレベルなら普通にやっていいのでは。
やはり画像がないので情報量が増えますね
もたつきに関してはサーバーのリージョンが海外な部分があるため、
国内にするだけで快適になったり?
あとは若干のスペックアップも良いかも?
ラズパイの2や3を自宅に設置して運用するのがオススメかもしれないです。

ともあれ、現状のサーバーで運用する分にも、
通信規制になった場合やパケットの使用を節約したいときは
この手法を積極的にやっていこうかと思いました。


以前ここでも書いたSMACH-Zが、なんだかSoCが変わるようで・・・
併せて、3月15日より公式サイトで予約可能になるとのこと。

ryzen世代の組み込み向けのSoCに変わるということで、
Screenshot_97


Screenshot_99

1枚めの画像の予定でしたが、2枚めのやつになる模様。
スペックは当然ながら当初の計画より上昇。
動画の中でも紹介されてますが、
ゲームのベンチマークもこの通りならすごいと言いたくなるやつです。
Screenshot_95

最大値だとしてもすごい。

そもそも、2016年の時点で世代遅れが指摘されてたので、
次世代SoCを載せたSMACH-Zや、モジュールの交換で、
スペックアップできるよ的なお話はありました。
あくまでもSMACH-Zが成功すればという前提がありましたが。
ここで計画を変更してきたということは

1、当初使う予定だったSoCが生産終了したため
2、資金難に陥ったため、新たに資金を集める必要があった

おそらくどちらかかなと。
ユーザーを満足させるためってのが理由だとしても、恐らくあと付けとしかいえないです。
1だと信じてるぞ・・・・・・

本体が完成してたとして、
不安点としては
DRAMの価格高騰に対してどう対処するのかな?
今回より受け付ける分の価格は多分考慮されて、価格設定されてるんだろうけど、
すでに受け付けた分の価格だと相当赤字なような。
自分が出資した際は4万円もしてないはずです。
出資に対するお礼とはいえ、カバーできるのかなというレベル。

いろいろゴタゴタしそうですが、今回の計画変更・アナウンスがきっかけで、
フォーラムをまた見ることになったので良かったということにしておきます。
果たして、自分の手元に届くのはいつのだろうか・・・・(確実に届くとは言っていない)


↑このページのトップヘ