μネ申のblog

何か書きたいことあったら書いていくブログ。 普段はマストドン(mstdn.jp)にいます。 https://mstdn.jp/@vvvvvv1vvvvv

タグ:SMACHZ

IMG_1312.JPG

IMG_1313.JPG

えぇ、今年も向かいました。
結論からいうと去年みたいに靴下はもらえませんでしたが、
ついにsmach zで遊ぶことができました。
ここまで3年近く経ってるなんて・・・
ブースについては入り口のところに1台
中にはいると試遊できる端末が5,6台ほどありました。
入り口のところの端末はwin10を触ることができ、
一応OS操作用のドライバもある程度は完成してるのかなという印象でした。

試遊に関してはどのゲームで遊びますか?と尋ねられ、
一番重そうなゲームだったMHWで遊ぶことに。
どうも端末ごとに入ってるゲームが異なってる様子でした。

てか、日本人スタッフ(単なる通訳係)がいてびっくりしましたw
去年は日本語ちょっとできる中国人スタッフだったので・・・

で、肝心の本体とご対面
IMG_1314.JPG
IMG_1315.JPG

IMG_1316.JPG

去年はモックだったので、細かいところもちゃんと仕上がってきてる感じでした。
ただ、大手メーカーのモノと比べるとまだまだ荒いのかな?と思ったり
また、本体下側にケーブルついてましたが、単なる充電用途で間違いなさそうでした。

15分ほど触りましたが、特に不満はありませんでした。(動画撮影したものも、顔面反射してたのでボツに)

・スペックについて
1、SoCがryzenのためか、不満はありません。
2、焦って触るとコントローラーの挙動が若干アレな場面も(このあたりは切り替えがまだ未完成とのこと)
  特に本体左側のパッド部分が触った以上に動いたりしてました。
 3、ディスプレイの発色・バックライトはいまいちというかあまり期待しちゃいけないかと。

・発熱について
 仕様変更でファンが搭載されることになりましたが、これは大正解だと思います。
 小型端末といえば、GPDシリーズがありますが、あれらより熱くないかと。
 (これについてはファンのサイズが異なってるってのもありますけど)
 割と負荷のかかってるMHWで遊んでもじんわり熱を感じる程度でしたので、スマホよりマシってなりました。


肝心の出荷時期については
年内ではなく、来年の1〜3月とのこと
去年のときは年内には〜って話だったので参考程度に思っておきます。
試遊機の状態から察するに、ドライバの完成度(ひょっとしたらボタンのセンサの可能性も)および大量生産の問題が
あるのかなと思われます。
この際、ガワの精度はあんまり期待しちゃいけないかと・・・

とはいえ、
一番最初のプロジェクト発表時から3年近くかけてようやく完成品に近いものが出てきて、
手元でさわれたので、そこだけで大分嬉しいです。
また、しばらく記憶の片隅に置いておきます。
来年のTGSには完成品の状態で出展してることを祈ってます。

前回に引き続き、TGSでの記事です。
SMACH Zブースに行ってきました。

TGSに出展するということで、
事前にバッカー向けにTGSのチケットが無料で配布されていました。
ただ、私はメールするのが遅れ、もらうことができず。

いざブースへ
無題_000000

思ったより、スペースありました。

海外の製品で、チームも外国人ばかりの認識であったので、
ある程度覚悟していったところ
日本語が話せる中国人?スタッフがいました。
事前のアナウンス通り、特に動作するのものが展示されていたわけではなく、
''製品版''と同じモックアップがありました。
なぜ’’ ’’としたかはまたあとで。
モックアップに関しては、触ることもできました。
ざっくり撮ってきました。
IMG_0391

IMG_0392
IMG_0393

プロトタイプの頃は心配してましてたが、どうやら形にはなってる印象です。
触った感想としては大きさのわりに持ちやすかったです。
重量に関しては、中身入ってみないとなんともなので言及するのやめておきます。
気になった点としてはプラスチック感が強かったので発熱がどうなることやら・・・・
kickstarterで謳っていたこれを使っているのでしょうか。
5c664979aa3c7204b478b33b0fa61703_original
放熱性が優れてるらしいアレ

画像をちゃんとみてみると模様があったりするので単なるプラスチックではないんでしょうが。
このあたりは素人なので自信がないです。

中国人スタッフによると
発送自体は12月からと言ってました。
これに関しては前々から言われてたアナウンス通り。
そして、ハロウィンのころに面白い発表ができるのでは?とのこと。
そのころに向けて作業してるとのことなので、ハロウィン前後で完成ということでしょうか?
この中国人スタッフが何者かしりませんが、
日本でやるなら日本人の通訳雇うのが普通な気もしますが、チームの人なんでしょうね。


そして
''製品版'' 書いた理由なんですが、ボタン類を触っていたときの話で。
私「z-padは本体が完成してからの製造でしたっけ?」
スタッフ「そうです。ただ、これも完全版じゃなくて仕様変更を予定しています。」

あれ???????

中身以外は完成品だったのでは?
まぁ日本語ネイティブじゃないから仕方ないよね、ということにしておきましょうか(焦り)
本来筐体につめこむことできなくとも、マザーボードくらいは展示してよかったのでは?
とまぁ
疑問点がいくつか残りましたが、とりあえずハロウィンに期待してみましょう。
余談ですが、ちゃんと靴下もらいました。
IMG_1160

ではでは。

以前ここでも書いたSMACH-Zが、なんだかSoCが変わるようで・・・
併せて、3月15日より公式サイトで予約可能になるとのこと。

ryzen世代の組み込み向けのSoCに変わるということで、
Screenshot_97


Screenshot_99

1枚めの画像の予定でしたが、2枚めのやつになる模様。
スペックは当然ながら当初の計画より上昇。
動画の中でも紹介されてますが、
ゲームのベンチマークもこの通りならすごいと言いたくなるやつです。
Screenshot_95

最大値だとしてもすごい。

そもそも、2016年の時点で世代遅れが指摘されてたので、
次世代SoCを載せたSMACH-Zや、モジュールの交換で、
スペックアップできるよ的なお話はありました。
あくまでもSMACH-Zが成功すればという前提がありましたが。
ここで計画を変更してきたということは

1、当初使う予定だったSoCが生産終了したため
2、資金難に陥ったため、新たに資金を集める必要があった

おそらくどちらかかなと。
ユーザーを満足させるためってのが理由だとしても、恐らくあと付けとしかいえないです。
1だと信じてるぞ・・・・・・

本体が完成してたとして、
不安点としては
DRAMの価格高騰に対してどう対処するのかな?
今回より受け付ける分の価格は多分考慮されて、価格設定されてるんだろうけど、
すでに受け付けた分の価格だと相当赤字なような。
自分が出資した際は4万円もしてないはずです。
出資に対するお礼とはいえ、カバーできるのかなというレベル。

いろいろゴタゴタしそうですが、今回の計画変更・アナウンスがきっかけで、
フォーラムをまた見ることになったので良かったということにしておきます。
果たして、自分の手元に届くのはいつのだろうか・・・・(確実に届くとは言っていない)



月1回程度でくるメールで思い出すSMACH Z
何なのかというとポータブルゲーミングPCです。

PS Vitaみたいに遊べるポータブルSteam Machine「SMACH Z」 ~AMD APUと6型フルHD液晶搭載
今は亡きpsvitaに似てます。
svg


確か2016年の10月に出資してから、気づいたら2018年に突入・・・・
予定では2017年の4月だったような。
その間
GPD PocketGemini PDAが登場。
今年はGPD WIN2も出るようで、
う~ん、SK2(ネタわからない人はここクリック)
hqdefault

GPD PocketやGemini PDAはジャンルこそは違いますが、
キャンペーン開始時期もあまり変わらなかったはずです。
Gemini PDAは当時胡散臭いなぁ。と思ってました。
まさか、これらより大幅に遅れるとは。

冒頭の通り、一応出資者に対しては、
月1回程度はプロジェクトの進行状況を知らせるメールが届き、
そこで、「そういえば出資していたな。」と思い出すわけです。
プロジェクト自体は外部に公開されることなく、
出資者向けのフォーラムにて、公開・活動されています。
今年こそはなんとか完成するよ。的な感じです。
様々な理由で延期に延期になったため、スペックの面において若干不安な部分もありますが、

今年こそは手元に届いてくれ!!!


まだまだ、関しては書きたいことありますが、
フォーラム外で書かないでくれということなので、
届いてからにします。(届くかわからないが)
てなわけで。

↑このページのトップヘ